古物とは

古物とは何か

一度使用された物品、新品でも使用のために取引された物品などをいい、法で以下の13品目に区分されています。
1.美術品類
美術的価値を有する物品例・・・絵画、書画、彫刻、工芸品、刀剣等

2.衣類
繊維製品、皮製品等であって、身にまとうもの例・・・和服・洋服類、その他の衣料品など

3.時計・宝飾品類
主として、時計としての機能を有する物品、眼鏡(サングラスを含む)、宝石、貴金属その他例・・・時計、眼鏡、コンタクトレンズ、宝石類、装飾・貴金属類

4.自動車(その部品を含む)
自動車及び自動車の一部品として使用される物例・・・タイヤ、バンパー、カーナビ、サイドミラーなど

5.自動二輪及び原動機付自転車(その部品を含む)
自動二輪車、原動機付自転車及びこれらの一部品として使用される物例・・・タイヤ、サイドミラー

6.自転車類(その部品を含む)
自転車及び自転車の一部品として使用される物品例・・・かご、カバー

7.写真機類
プリズム、レンズ、反射鏡等を組み合わせて作った写真機、顕微鏡、分光機等例・・・カメラ、レンズ、ビデオカメラ、望遠鏡、双眼鏡

8.事務機器類
主として、計算、記録、連絡等の事務に用いるために使用される機械及び器具例・・・レジスター、タイプライター、パソコン、ワープロ、コピー機、ファックス、 計算機

9.機械工具類
生産、作業、修理のために使用される機械及び器具一般のうち、上記に該当しない物例・・・ 電気類、工作機械、土木機械、化学機械、工具、ミシン、20t未満の船舶(ジェットスキーを含む)、医療機器、家庭電化製品、家庭用ゲーム機 、 電話機他

10.道具類
他の分類に該当しない物品例・・・家具、楽器、運動用具、ゲームソフト、CD、DVD、玩具類、日用雑貨、トレーディングカード、組立式プレハブ他

11.皮革、ゴム製品類
例・・・鞄、バッグ、靴、毛皮、レザー製品

12.書籍
13.金券類
例…商品券、乗車券、郵便切手、航空券、興行場等の入場券、収入印紙など

古物に該当しないもの

1.趣味で収集された切手
2.庭石、石灯籠、金属原材料(金属屑)、古銅線類