古物営業の種別

古物営業には、1号営業から3号営業まであります。

・1号営業・・・古物商(許可)( 古物の売買、交換、又は委託を受けて売買・交換をする営業 )
・2号営業・・・古物市場(許可)( 古物市場を経営する営業)
・3号営業・・・古物競りあっせん業(届出)(インターネット・オークション)
☆1号営業については、古物を売却すること、自己が売却した物品を、売却した相手方から買い受けることのみを行うものは除きます。
☆2号営業の市場とは、つまり古物商間の古物売買や交換市場のことです。